足の病気 Disease List

足病を疑いましょう

老化だけが原因ではありません

「痛い」足の病気

巻き爪・陥入爪

「爪が湾曲した状態」を巻き爪といい、「爪が爪と皮膚の境界線(爪の横側)に食い込み炎症を起こした状態」を陥入爪といいます。爪の切り方や歩き方から発症します。

足底筋膜炎(腱膜炎)

スポーツや長時間の歩行や立ち仕事による足底腱膜への負担が増えることで発症する炎症です。

​朝最初の一歩目が痛いなどが特徴的な病気です

中足骨骨頭部痛

ハイヒールなど前足部、足の爪先へと体重がかかりやすいもの、姿勢の変化による前足部への体重の集中などにより発症しやすい病気です

外反母趾(​がいはんぼし)

外反母趾とは、親指が人差し指側に「く」の字状に曲がった状態の事をいいます。原因は様々で必ずしもヒールをはいたから発症する病気ではありません。

内反小趾(ないはんしょうし)

内反小趾は小指が曲がり、小指の骨が外側に突出した状態です。

​原因はさまざまですが、歩き方や骨格などが影響しています。

変形性足(膝)関節症

歩き方や姿勢などから、関節に負担がかかり、軟骨が摩耗した事で発症する関節の炎症。一度損傷した軟骨は原則元の状態にはもどらないため、歩行矯正が重要な病気です。

胼胝(タコ)・魚の目

圧迫や摩擦を受ける事で角質が増殖したものです。角質が体内まで入り込むと魚の目となり、強い痛みを伴います。

靴が合わない、歩き方、骨格などが原因で発症しやすくなります。

指先の変形(槌趾症)

糖尿病などや歩き方、骨格や腱、筋肉の問題で足の指先が変形している病気です。変形のタイプによって、ハンマートゥ、マレットゥ、クロートゥなどの種類があります。
 

外骨腫・骨棘(こつきょく)

足根管(そっこんかん)症候群は、ダンス、ランニングなどで足に衝撃を受けたり、足への荷重による圧、あわない靴などから本来あるべき場所ではない場所に軟骨などを作る病気です。

痛風

風にふれるだけでも痛いといわれる痛風は尿酸が身体にたまることで、結晶化し歩行時に圧が高まる部分に痛みが生じることが多い病気です。

 

下肢静脈瘤

静脈弁の機能不全が原因となり、妊娠、長期・長時間の立位、筋肉疲労が原因と

となって皮下静脈が拡張してくる状態を下肢静脈瘤といいます。

​※当院ではレーザー治療は行っていません。

「痺れる」足の病気

足根管症候群

足根管(そっこんかん)症候群は、足の裏の神経が強く圧迫されるなどによっておきる病気です。足部や足首にしびれ(場合によっては痛みを伴う)を生じます。

ガングリオン

ガングリオンは中にゼリー状の物質の詰まった良性の嚢腫(のうしゅ)です。発症部位によって神経を圧迫して痺れ(場合によっては痛みを伴う)を生じます。女性に多い疾患です。

糖尿病性神経障害

糖尿病が慢性化すると知らず知らずのうちに、足の指先の感覚を失います。触られてる感覚は残り、微細な感覚が失われるために自分では気づかない事が多い病気です。

感覚喪失から足病の発症に気づかずに足切断に至る場合もあります。

「疲れやすい」足の病気

下肢動脈硬化

足の動脈硬化症は、加齢や生活習慣病で進行します。

​動脈硬化は血流を悪くし、足の筋肉に十分に酸素を提供できなくなり、とても疲れやすく長い間歩く事ができなくなります。

フレイル

​フレイルは、加齢とともに心身の活力(運動機能や認知機能等)が低下し、複数の慢性疾患の併存などの影響から、心身の脆弱性が出現した状態と定義されます。歩行速度が筋力低下などから起きており、筋肉が減るため、疲れやすくなります。

偏平足・ハイアーチ

偏平足は足が内側に倒れこんでいる人で、ハイアーチ(凹足)はその逆で外側に倒れこんでいる人をいいます。

​足の軸が垂直でなくなると、姿勢は乱れ本来かかるべきでない部分に負担を大きくかけ、疲れやすく足病の原因になります。

その他

​水虫・爪水虫

足の動脈硬化症は、加齢や生活習慣病で進行します。

​動脈硬化は血流を悪くし、足の筋肉に十分に酸素を提供できなくなり、とても疲れやすく長い間歩く事ができなくなります。