​はじめての方へ

当院は、足の病気と歩行の障害を専門に治療するクリニックです。

 

痛み,痺れ,疲れやすさは、感じ方も千差万別です。

なかなか人に伝えにくく、理解してもらうのも難しいため、多くの人が人知れず悩んでいます。

それらの症状やお悩みを伺い、真摯に向き合うことで「ここに来てよかった」「また〇〇ができた」

そう言って笑顔でお答えいただきたいと考えております。

​まずはお気軽にご相談ください

1/5

当院の特徴

01

保険診療

当院は"保険診療"で治療ができる"医療機関"です。(治療内容によっては一部自由診療あり)

02

足の専門治療

当院は足病の治療や歩き続けるための予防に特化した診療所です。足病治の本場であるアメリカの知識を中心にドイツのフットケアや靴の専門家の知識を取り入れ、一人一人の症状に合った治療を行なっています。

03

フットケア

保険診療だけではなく、症状に合わせて専用の器具を使用し行うフットケアや、静脈マッサージなどの自由診療メニューもあり、一人一人の悩みに寄り添い幅広い提案を行なっています。

04

​日帰り手術

巻き爪(陥入爪)や外反母趾の手術は基本的に日帰り手術で行います。歩き続けるために行い、生活にも負担の少ない方法です。

​(手術についてのご相談・質問等お電話での問い合わせにはお答えできません。まずは診察でご相談ください。)

​初診の受診方法

​初診の方は毎週火曜日

予約をとって受診

当院の初診予約は毎週火曜日

とさせていただいております。

お時間にご都合のある方は

ご予約をおすすめします。

ご都合に合わせて

♦︎時間枠予約(無料)

♦︎最優先予約(有料)

からお選びいただけます。

詳しくは予約ページまたはお電話にてお問い合わせください

​ご都合の良い曜日・時間に

​予約なしで当日受診

当院は完全予約制ではありません。

 "今日行きたい"
"今週末しか都合がつかない"
など、あなたのご都合に合わせての受診が可能です。

​当日受付の場合は、ご予約の方が優先のためお時間には余裕をもってご来院ください。

または

ご予約方法

Webからのご予約

24時間受付可

おすすめ!

お電話の方

お電話でのお問い合わせ・予約

初診来院時にお持ちいただくもの

健康保険証
 

保険診療ですのでご持参ください。

​ご持参でない場合は10割負担となります。(写真・コピーは不可)

お薬手帳(お持ちの方)

 

​受付時にお預かりします

紹介状(お持ちの方)

他院・整骨院 等からの
​紹介状をお持ちであればご持参ください

公費受給証
​医療券 など

高齢者受給者証や乳幼児医療証、
生活保護法医療券など
​お持ちであればご提示ください

普段よく履いている靴
通勤時・習い事・ウォーキング
などに使用する靴を可能であれば
持参いただくとより詳しい
診察が可能です

他院での検査データなど

お持ちであればご持参ください
(ご返却いたします)

​診察の流れ

1.

 

受付に「保険証」や、あれば公費受給者証や医療証をご提示ください。

また、他院からの「紹介状」「検査結果」「レントゲン写真」などがあれば同時にお出しください。

※「保険証」などは毎月初めの受診時や内容の変更があった場合には必ずご提示ください

2.

 

「問診票」のご記入をお願いします。

記入が終わりましたら受付にお渡しください。この時にお持ちであれば「お薬手帳」をお預かりします。

診察の順番がきましたらお呼びいたします。

3.

 

検査の為、診察の前に「半ズボン」へのお着替えをしていただきます。

着替えは当院にご用意がございます。

脱いだお洋服などは備え付けのロッカーをご利用ください。

<履いていたお靴やご持参のお靴などは診察室にお持ち入りいただきます>

4.

 

診察室で院長による診察を行います。

※診察の前に看護師による問診を行う場合があります

症状に応じた検査(レントゲンや超音波検査等)をした上で、処置や治療を行います。

5.

 

診察が終わりましたら、お着替えをしていただき、お会計の順番がくるまで待合室にてお待ちください。

お会計の際には、内訳を記載した「領収書」及び「診療報酬明細書」を発行いたします。

「領収書」の再発行はできませんので紛失しないようにご注意ください。

6.

 

お薬の処方がある場合は「院外処方箋」をお渡しします。

ご希望の「保険調剤薬局」へ「院外処方箋」を提出し、受け取ってください。

※ジェネリックの希望などは薬局にてご相談ください

よくある質問

Q初診の費用はどのくらいかかりますか?

A検査の内容や診療内容により異なりますが、割負担の方で4000円〜8000円ほどになります。

医師の紹介

    よしはら  まさのぶ

院長 吉原 正宣

 Dr.Masanobu yoshihara

♦︎関西医科大学卒業

♦︎洛和会音羽病院形成外科に勤務中、米国の足病医より指導を受ける。その後、下北沢病院足病総合センターなどの勤務を経た2018年10月、当院を開院。

足の病気と歩行の障害の解消に向けて診療を続けている。
♦︎本形成外科学会形成外科専門医

♦︎日本抗加齢医学会専門医

♦︎日本下肢救済・足病学会

♦︎日本フットケア学会

♦︎日本静脈経腸栄養学会 ほか参加学会多数

院長監修コラムetc..

(外部ページへのリンク)

ドクターズ・ファイル

開業エピソード

​・足の専門治療について など

​当院のご紹介

身近でやさしい医療メディア
Medical DOC

「歩き方」は身体のどこまで影響を及ぼすの? 

・外反母趾にならないハイヒールの選び方ってあるの?

・着圧ストッキングは本当にむくみ解消効果があるの?

ママのための健康情報誌

ゲンキのもとプラス

教えてドクター!子どもの外反母趾について

\アクセスマップ/

  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram